不登校やひきこもり・生きづらさを抱える人の伴走者、セキグチ麻央のブログ

不登校・ひきこもり支援、地域の魅力、環境教育、青年海外協力隊、趣味の散歩(国内外)などをテーマに発信します。

かさこブログ塾in伊勢崎レポート

昨日は好きを仕事にしていらっしゃる、

かさこさんから直々にブログ術を学んできました!
参加したのは下記のかさこ塾を2時間に短縮したバージョンです。
好きを仕事にする大人塾かさこ塾 – 好きを仕事にするためのセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾 

・かさこさんHP 
かさこワールド – トラベルライター、カメラマン、カメライター、ブロガーかさこの公式サイト
・ブログ
好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ


2時間の講義の中に、ギュッとかさこさんのご経験や面白エピソードが詰まっていて、
行動に移したいと思うことが幾つもありました。


「考えてもやらないのは、最初から考えていないのと同じ!」


ということで、

まずは以前に始めたものの、早々にさぼってしまったブログのタイトルをこの機会にリニューアルします。


次こそはこのブログを継続しますので、

どうぞよろしくお願いいたします!

***目標:3か月連続でブログ更新***



アディオス!

いじめの記憶

*私が青年海外協力隊として活動していた中米ニカラグアのお祭りの写真のみ知りたい方は、

 写真があるところまでジャンプ!

ニカラグアについてはこちらの投稿自己紹介 desde 群馬 - nicanicaノートの後半に記載しています。

 

さて!

皆さんは、いじめ【た・られた】ご経験はありますか?

ちなみに私は両方あります。

その時に感じたこと、どう乗り切ったのかなどを共有したいと思います。

 

いじめた のは、小学生の時。

仲の良かった2人と一緒にクラスの女の子をニワトリ小屋に閉じ込めました。

もちろん直ぐに担任の先生に叱られ「ごめんなさい」をしました。

しかし、いじめる側というのは無責任ですよね。私自身された方の気持ちを全く考えていなかったのですから。

本当に酷いことをしました。

小学生の頃、姉が「人からされて嫌なことはしちゃいけない」と言っていたのを思い出します。

 

実はいじめた彼女とは幼稚園からの仲で、今では地元で会う数少ない友人の一人です。今思うと、また遊んでくれた友人の強さに感謝です!

 

 

 

一方、いじめられた のは、高校生の時。

いじめた事よりもいじめられた事の方が記憶に残るものですね。

 

生まれも育ちも田舎、まさに畑を裸足で駆け回り、森で遊ぶのが大好きだった私は、

知り合いがほとんど居ない高校(しかも、女子クラス!)に進学すると、浮きまくり、

3週間が経つころには、クラスの女子ほぼ全員から無視される始末。

 

いじめの内容としては、

①私に対してだけ、あからさまな冷たい態度 

②陰口 

③話しかけようとすると避ける/話しかけても無視する

 

次第にひそひそ話が聞こえるだけで、自分のことを話しているんじゃないかと自意識過剰になり、嫌われることが怖くなりました。

 

そんな私のストレス発散方法2つ!!

① 放課後に陸上部の練習で思いっきり走ること 

と、

家での開放

でした。

 

①風をビュンビュン切って走ることが好きで、走っていると何も考えなくて済むし、

汗をかいてスッキリするしで、私は元気になれました。

単純だな。笑

 

②学校では自分を抑え、おとなしくしていた分、本来野性的な私を出す場所が必要でした。家に帰ると一日抑え込んでいた自分を全開にするのです。

帰ると家の玄関で人一倍大きい声で「ただいまーーー!!!」

と叫んでいました。笑

両親や他の人には心配をかけるのが嫌でいじめの事は一切口にせず、

家では明るくうるさい存在でした(^^;)

 

でも、どうしても苦しくなるときがある。

そんな時、ただ一人いじめのことを打ち明けられたのは、姉でした。

部屋で、時には同じベットに入って私の気が済むまで話を聞いてくれました。

 

自信をつけた私はその後、生徒会に立候補し全校生徒の投票(=人から承認されること)により生徒会に当選することで、より自信をつけ、2年に上がる前にはだんだんといじめが改善されて話せる人も増えました。

 

 

振り返るとつくづく、自分を全開にできる環境・家族・姉の存在があったからこそ、

いじめを乗り越えられたのだと思います。

関わってくれた友人・支えてくれた家族・姉に “ありがとう” を送ります。

 

まだまだ嫌われる勇気は出たり引っ込んだりなので、これから身につけて行こうと思います!

 

📘図書の紹介📖

嫌われる勇気ー自己啓発の源流「アドラー」の教え― 

www.amazon.co.jp

 

*******

情報 de ニカラグア

 

弱肉強食 : ライオン像がヒガントーナ(お祭りに出没する巨大人形)を食べようとソロリ..

ニカラグアのレオン県にて *レオン(León) = ライオン

f:id:nicanica8:20170721000943j:plain

 

下から見るとこの迫力!ボインですね!👀

f:id:nicanica8:20170721001400j:plain

 

La griteríaという聖母マリア様を祝うお祭りの夜は教会がライトアップされます✨

f:id:nicanica8:20170721002606j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

私は人に良く見られたい。それが何か?

 

こんばんは。

 

正直、私は人に良く見られたいです。

そして、自信がないと自身にレッテルを貼っています。

 

それが何か?

 

***

「私は自己肯定感が低いな。じゃあどうすれば?」と思い調べていた矢先、

下記のサイトに出会いました。

自己肯定感を自然に高めるためにやめるべきたった一つのこと

 

ここには、自己肯定感を高める魔法の言葉が書いてあります。

 

 

『それが何か?』 です。

 

この言葉により、抱えている悩みがどれほど小っぽけかを認識できるそうです。

 

なるほど、例え人に良くみられたくても、自分に自信がなくても、

誰にも迷惑はかからないですよね?

 

土出麻美さんの言葉に共感したので、シェアします。

 

*******

 

ただ、「本人が気にするほど、人は他人のことを考えていないもの。」と頭では分かっていても、

つい人目を気にして、人と比べて自己嫌悪してしまう。

 そんなことってありませんか?

 

大学の頃の私はというと、人と比べてばかり。

容姿、性格、能力、挙げ出せばきりがないほど。

 

そのことを相談した先生から、

「人と比べる意味がないんじゃん?生い立ちも何もかもち違うんだから。」と話していただいた後も、

私の人との比較は続きました。

 

先生の言葉の本当の意味が理解できなかったからです。

 

 

素敵な人に出会うと、なんて素敵な人なんだろう!自分は・・・とすぐに比較して落ち込んでいましたが、

 

今は素敵な人に出会えたら、なんて素敵な人なんだろう!出会えた自分はラッキー!と

思えます。

どうしたら、その人の素敵なところを真似できるんだろう?と落ち込まずに考えられます。

※ある人は、いいな!こんな風になりたいな!と尊敬できる人がいたら、

 その人をTTP(徹底的にパクる)しよう!と教えてくれました。

*******

 

そのように、私の考え方が変化したのは、

自分を「受け入れる」「認める」ことができるようになってきたからかもと思います。

 

じゃあ、「自分を受け入れる」「自分を認める」ためには、

実際どうすればいいの???

 

私自身も本やインターネットで読むごとに、抱いた疑問でした。

 

 

 

今年で30歳になる私が完全にはその域にたどり着けていないので、

途中経過報告でしかありませんが、、

 

「自分を受け入れる」「自分を認める」というのは、

「自分を知る」ことで初めてできることじゃないか、と思います。

 

だから、まずは自分を知る!

  • 自分の弱さも、強さも、良さも、ダメさも、すべて知ってみる。

    ※この時、評価は挟みません。

  • 客観的に、他人を眺めるかのように、自分の感情・自分が今持っている価値観(例えば、”~ねばならない”  “~じゃない自分はダメだ”など)を見つめてみる。
  • 自分を息苦しくしている必要のない価値観があれば(その価値観を紙に書いて捨てる、でもなんでもいいので)捨てる。
  • 代わりに、違う価値観に触れてみる。

 

   

  

私が自分を知るために試している方法は、

 

①日々の感情の動きや思ったこと、そこから導き出せる自分の特徴を紙に書き出す。

 

自分の感情、考え方や行動のクセ、

性格(環境や場所、会う人により違いはあるか、あればどう違うか)、

どういう場所や人が好きか/嫌いか、など

 

例)約束に遅刻した。なんでいつも私はバタバタなんだろう。ダメだなぁ。

 →”いつも”と過去の失敗も一括りにして、必要以上に自分を責めることがある。

 →家から出る直前でも、何かに気づき作業を始めてしまうと1つのことに没頭し、

  時間を忘れてしまうことがある。

 →優先順位をつけず思い付きで行動するクセがある。

  そのため、優先順位が高いことに割く時間が確保できず、

  バタバタ・後手後手から抜け出せない。

  

 

今では感情+なんでもノートを持ち歩いています。

ちょっとした心の変化でも書き出してみると、

私の場合それだけですっと少し心が落ち着きます。

自分の感情を包み隠さずにさらけ出せている安心感があるからかもしれません。

 

 

 

また、書くことで感情と起こった事を切り離して見つめられるので、

心が乱れたときでも物事を冷静に判断するのに役立ちます。

 

もし先の例を冷静に見つめることができれば、

今後、以下のような工夫もできます。

 

・日々の予定をノートに書き出し、優先順位をつける。・何か思いついたことはとりあえず紙に書き留め、優先順位が高いことから行う。

・外出時間にアラームがなるよう設定しておく

・反省する時に過去の失敗まで引っ張り出さない。今に集中する。

・与えられた人生には終わりがある。

 落ち込むよりも、どうすれば次は失敗しないか、より良くできるか、

 を考え・行動することに時間を使う。

 

 

②家族や身近な人に自分の印象、性格、短所/長所を聞いてみる。

 

ジョハリの窓でいう、

自分は気付いていないが他人は知っている自分(盲点)を

知ることができます。

 

<引用>

ジョハリの窓とは、自己分析に使用する心理学モデルの一つです。

自分自身が見た自己と、他者から見た自己の情報を分析することで自己を理解するというものです。

ジョハリの窓とは 「4つの自分の姿」を知り、自己開発に役立てる方法

 

 

 

③置き去りにしてきた感情と向き合う

 

過去のことで気になっている事・後悔していることなどがあれば、

その時何が起こって(客観的事実)、それに対して自分は何を感じたか(感情)を

細かく書き出します。

 

その後、

その時の自分はどんな言葉をかけてもらえたら嬉しかったか?

どうしてもらえたら嬉しかったか?

と挙げていきます。

 

で、出てきた言葉、方法を自分に対してしてあげます。

そしたら、人にも同じことをしてあげられます。

同じことをしてもらった時の人の気持ちが分かります。

だって、自分自身で経験済なのですもの!

 

 

 

よく頑張ったね。

辛かったね。

息苦しくてしょうがなかったね。

大丈夫、死ぬわけじゃない。

自分にかける言葉は人それぞれ違うと思います。

自分がかけてもらいたい言葉を日々ストックしておいて、

辛い時、落ち込んだ時に自分自身にかけてあげるのもいいかもしれません。

 

その言葉たちをいつか人にもかけてあげられたら、

それだけで、良い輪が広がっていくかもしれません。

映画『ペイ・フォワード』のように。

ペイ・フォワード(字幕版)

ペイ・フォワード(字幕版)

 

 

ペイ・フォワードは2001年に日本で公開された映画ですが、

中学の授業で紹介してもらった好きな映画です。

 主人公の少年トレバーの考えが世界中に広まったら、

と願ってやみません。

 

 f:id:nicanica8:20170714233011j:plain

 

辛いこと、

悲しいこと、

苦しいこと。

 

すべてはそれが過ぎた後、

生きる力になる。

 

と私は信じています。

 

 

 

星野源さんは歌います。

 

―――どんなことも 胸が裂けるほど苦しい

   夜が来ても すべて憶えているだろ

   声を上げて 飛び上がるほどに嬉しい

   そんな日々が これから起こるはずだろ―――

   星野源『フィルム』より  

 


星野源 – フィルム (Official Video)

 

良かったら聞いてみてください。

 

それでは、アディオス 

 

 

自己紹介 desde 群馬

こんにちは!

 

タイトルの通り、簡単に自己紹介したいと思います。

ちなみにタイトルのdesdeスペイン語で「~から」という意味です!

 

出身県:ツル舞う形の群馬県

   (群馬県民なら誰もがご存知「上毛かるた」の㋡の読み札です!)

            上毛かるたは県民に愛されすぎて、かるた取りのアプリまであるんです!

札ッシュ!! 上毛かるたGO! オフィシャルウェブサイト | 札取りしながら ”上毛かるた” ゆかりの地を観光し、群馬のいいものを再発見しよう!!

 

上毛かるた つの札

f:id:nicanica8:20170712215924j:plain

 

群馬県

f:id:nicanica8:20170712220254g:plain

 ほらほら、群馬県の形がツルに見えてきたでしょう?笑

 

赤城山 

f:id:nicanica8:20170712225608j:plain

 私の家から良く見えます。

 山の形が女性が横たわった姿のように見えませんか?※左側が頭ですよ

 

 

移住歴:

 群馬 → 神奈川 → 東京 → ニカラグア → 群馬 (現在)

 

 ニカラグアとは?

 中米に位置するラテンの国。公用語スペイン語

 

 私は2015年3月~2017年3月まで青年海外協力隊の野菜栽培隊員として

 ニカラグアで活動していました。

 これからニカラグア情報も盛り込んでいきますよ~♪

 

位置 

f:id:nicanica8:20170712221536g:plain

 赤いところがニカラグア

 

国旗 

f:id:nicanica8:20170712220611p:plain

 ちなみに青は太平洋とカリブ海、白は正義を表わしているそう。

 

 

経験:

 森でキャンプリーダーやボランティア、環境教育講座、青年海外協力隊

 

 

好きなこと:

 ①知らない土地・場所へ行き散策すること(国内外)

f:id:nicanica8:20170712234342j:plain

 

 ②“初めて”をやってみること

   生まれたときは、すべてのことが初めて。

   そんな新鮮さワクワクを忘れずに求めていきたいです。

f:id:nicanica8:20170712234722j:plain

   今まで: ダイビング、バンジージャンプ、富士山登頂、語学留学

   これから:スカイダイビング、フルマラソン完走、全県制覇 (現在26都道府県)

 

 

笑顔で自分の道を生きられたらと思います。

f:id:nicanica8:20170712235417j:plain

 そうすることで、人の可能性を広げることができたらより嬉しいです!^ ^

 

それでは、アディオス!

納豆の日。後悔と再出発。

 

今日は710日。納豆の日

 

私にとって世界で一番大切な人が自らの人生に区切りをつけた日。

「大好きだったんだ」と後で気がついた年子の姉の命日です。

 

今までの人生の中で一番後悔した日でもあります。

それと同時に、生と死、人生、色んなことについて考えるきっかけを姉がプレゼントしてくれた日でもあります。

あれから早6年、東日本大震災のあった年でした。

 

 

 

姉と関わる中で感じたこと・学ばせてもらったことを胸に、このブログの中では不登校、引きこもり、教育、家族、人生に関わるテーマから、私の地元である群馬や第二の故郷である中米ニカラグアの情報発信や日々のちょっとした発見・感動などを発信していきたいと思います。

このブログは、今まで発信したことがない私の第一歩として、また、皆様と経験・想い・考えを共有する場として、続けていけたらと思います。

 

 

しっかりして見える割に抜けている私ですが(顔見えないですけど)、

どうぞよろしくお願いいたします!